庭をつくる・はぐくむ

通潤酒造中庭造園工(熊本県山都町

庭をつくる。

熟練の庭師による確かな技術と感性を存分に活かし、
その場所が持つ個性や空気感を引き立てる庭を作庭します。
完成後も経年変化を美しく育んでいく。
ご要望のさらに上をかなえる
時を経てさらに魅力を増す庭づくりをご提案します。

渡辺庭苑 庭師 本田 琢也

渡辺庭苑 庭師

本田 琢也

通潤酒造 十二代目蔵元 山下 泰雄氏

通潤酒造 十二代目蔵元

山下 泰雄

 2016年の熊本地震で熊本県に現存する最古の蔵寛政蔵を含む10棟以上の蔵が損壊し4,000リットルもの酒を失うという大きな被害を受けた通潤酒造絶望的な状況にもかかわらず全国から届いた励ましの声に応え歴史ある蔵をリノベーション2019年春約3年の歳月をかけて建物庭ともに生まれ変わりました国内外から訪れる観光客の目を楽しませる日本庭園を手掛けた庭師本田琢也と通潤酒造の山下社長に当時を振り返ってもらいました。

限られた空間を最大限に生かし光るものをより際立たせる。

この地で長い歴史を刻んできた寛永蔵を改装し新たな観光酒蔵を作る時お手本にしたのはカリフォルニアワインの名産地ナパバレーでした中世のお城を移築したかのようなワイナリーがいくつもあり醸造工程はもちろん作られるワインに込めた伝統歴史を肌で感じられる工夫がそこかしこに息づいている訪れた人が銘酒オーパスワンをはじめお気に入りのワインを片手に優雅な時間をゆったり過ごしているのがステキで新たなビジネスモデルだなこんな空間を山都町にも創りたいって感銘を受けたのが始まりです自慢の庭を借景するテラス席に座りそう振り返る山下社長。

目指したのは熊本地震からの単なる“復旧”ではなくお客様にこれまで以上に楽しんでもらうための“復興”その想いを受け庭師本田が大切にしたのは今あるスペース建物土地の魅力を使いこなし光るものをより色濃く魅せることでした例えば石畳は熊本地震で倒壊した家から出た基礎石をリユース実はこの石街のシンボル通潤橋で使われているものと同じ由来を持ちますが現代の建築様式では使い道がなく震災後多くが廃棄されていました本田はゴミの中に宝を見出し石畳として活用することを提案しかもあえて石畳の幅を広く取ることで限りある空間の中で酒蔵としての歴史をより色濃く表現したのです。

日本家屋は庭が入口。
非日常に誘う
ストーリー作りが面白い。

中庭を挟み寛永蔵の前に位置するのは山下社長の本宅です西郷隆盛も泊まったことがあり今も世界中のVIPをこちらでもてなしている由緒ある空間四季折々の表情を見せ伝統美が息づく庭を通って家へと案内するそのワンクッションに日本独特のおもてなしの心が息づいています。
渡辺庭苑は歳月を経て変わりゆく木を1本1本愛しみ一緒に育ててくれるので安心ですねと山下社長。

長いおつきあいになるからこそ信頼できる人をその想いに応えられるようこれからも精進していきます。

通潤酒造 十二代目蔵元 山下 泰雄氏
造園 施工事例一覧

古今伝授の間熊本県熊本市

庭をはぐくむ。

それぞれの庭が持つ個性や歴史的背景、
そして作庭意図をしっかりくみ取り、
熟練の技でより豊かにはぐくむのが私たちの役目。
育成管理計画を作成しお客様との信頼関係を第一に
大切なお庭を年間単位で美しく保つお手伝いをいたします。

春夏秋冬
木々の成長によりそい
最良のコンディションを保つ」

古今伝授の間をはじめ熊本県指定重要文化財や登録有形文化財に認定されている建物の庭園管理を数多く手掛けている弊社何百年もの時を経て育まれてきた“木々の息吹”を未来へ受け継ぐために庭師が大切にしている想いがあります。

通潤酒造 十二代目蔵元 山下 泰雄氏
通潤酒造 十二代目蔵元 山下 泰雄氏

樹木の役目は様々。
ただ美しいだけでなく
光をデザインする。

渡辺庭苑の魅力は膨大な知識に裏打ちされた論理的なアプローチと語るのは江戸後期に建てられた御家人屋敷※の家主。 美しく苔むす庭には樹齢200年を超える大木もあり夏は青紅葉が秋は真っ赤な落葉が映える京風庭園のしつらえ。
手を入れすぎず自然を生かすことを大切にする一方台風前には添え木をするなど細やかな心遣いで寄り添ってくれるから心強いですね絶大な信頼を寄せていただいています。

通潤酒造 十二代目蔵元 山下 泰雄氏

弊社では庭に求められる美しさは「調和と考えます建物や周りの景色のバランスを壊すことなく年2〜4回のお手入れでいかにしていつ見ても美しい庭に仕立てるか?が腕の見せどころさらに樹木が持つ役目は目隠し日除け観賞用など様々ですからお客様のご要望に応じて光をデザインし年々カッコよく育てていくことを追求します。

登録有形文化財 岡本家住宅(熊本県・大津町)

管理 施工事例一覧